風俗嬢のお尻を堪能

重要なこと、それは非日常なんです

風俗で何が嬉しいって、まさに「非日常」を楽しめるじゃないですか。家と職場を往復しているだけでは絶対に楽しむことが出来ないであろうシチュエーションを楽しむことが出来るのは、やっぱり嬉しいことなんじゃないかなって思うんですよ。もちろんそうした日常生活があるからこそ非日常が大切なものだということも良く分かっているんですけど、非日常のありがたいところはやっぱり自分にいろいろな気持ちをもたらしてくれるじゃないですか。特に風俗の場合、男としての本能を呼び起こしてくれるんです。普段は男の部分なんて誰にも求められていないじゃないですか(苦笑)でも風俗ではまさに「男」として楽しめるんです。女の子はこちらの男の部分をこれでもかと言わんばかりに刺激してくれると言うのもありますし、何から何まで本当にいろんな気持ちを味合わせてくれるのが、風俗なんじゃないかなって。非日常を含めて、男が望んでいるものをいろいろと叶えてくれるのが風俗ですね。

出張に立候補する本当の理由

うちの会社の出張は、その人でなければならないってことはないんです。誰かでいいんです。だから誰も立候補しないんですよ(笑)自分でなければならないようなことであれば立候補と言うか、行かざるを得ないじゃないですか。でもそうじゃないんですよね。誰でも良いなら、別に自分じゃなくても良いだろうってことで出張に立候補するような人はいないんですけど、自分はスケジュールさえあれば立候補しますよ。だって出張楽しいじゃないですか。それに出張先で風俗で遊べるのも大きいです(笑)宿泊出張であればホテルは会社負担なんです。つまり、風俗というかデリヘルの場所代を会社が支払ってくれるようなものじゃないですか(笑)普段よりも安くデリヘルを使えるって思ったら、むしろこれ以上ありがたいことはないんじゃないのかなとさえ思いますね(笑)そんなことを考えつつ、出張先で風俗嬢と楽しんでいるし、立候補するので会社からの評価も高まるので最高ですよ。