風俗嬢のお尻を堪能

お金も時間もという意識です

絶対に無駄にはしたくない。そんな意識を持っていますので、風俗で遊ぶ時にはとにかくこちらとしてもモチベーションを高めるというか、相手と一緒に楽しもうって思うよう心掛けているんですよね。そうじゃないと勿体ないじゃないですか。だって風俗で遊ぶということは、お金を使っているだけじゃなくて時間も消費しているんです。仮にですけど、その日の風俗であまり良い思いをすることが出来なかったら、結局は時間もお金も無駄にしてしまうことになるんです。それはやっぱり勿体ないんじゃないかなって思うんですよね。そうならないためにも、自分なりにいろんなことを考えるようにはしています。特にホームページですね。風俗店のホームページを見て、どうすれば相手との距離感を縮められるのかを真剣に考えるのは当たり前として、他にもどういったことを楽しめばよいのかなど、いろいろなことを考慮しなければならないなって思うようになったんですよね(笑)

眼鏡の美女が気に入った

もしかしたら初めてですかね。眼鏡をかけた風俗嬢だったんですよ。ホームページで見かけた時には眼鏡をかけていませんでしたが、実際の彼女は眼鏡をかけていたんです。似合っていたと言うのもありますし、新鮮な気持ちを感じたんですよね。それは「眼鏡の風俗嬢」という存在そのものに対して免疫がなかったからだと思うんですよ。だから眼鏡の風俗嬢ってことで、新鮮な気持ちで楽しめました。危ないとかもっと気を使う展開になるのかなって思っていたんですけど、実際にはそういったこともなく、自由に楽しむことが出来ましたね。むしろ眼鏡の女の子からのフェラをしてもらって、これはやっぱり凄いなと(笑)ここまでしてくれるのであれば男として何も文句はない。そんな気持ちになりました。それに、刺激という点では相当なものになったのも新鮮さがあったからこそですね。だから彼女が上手だったのかどうかとか、実際にはよく覚えていないのは秘密ですかね(笑)